■赤穂市立有年考古館のWebサイトへようこそ。当館は、兵庫県赤穂市にある入館無料の小さな考古館です。
 考古資料や民俗資料をたくさん展示し、体験学習もご用意しておりますので、ぜひご観覧ください!

文字:大文字:小
  • 文字の大きさを変えることができます(この文字の大きさで設定ください)
  • HOMEデータベース>松岡秀夫 略年譜


    松岡秀夫 略年譜


    有年考古館設立者である松岡秀夫の略年譜です。

    年齢内    容
    明治37年(1904)2月13日 兵庫県赤穂郡有年村楢原1157番地に生まれる
    明治43年(1910)4月6歳有年村立原尋常小学校入学
    大正 5年(1916)4月12歳私立同志社中学校入学
    大正 6年(1917)13歳肋膜炎をわずらい、半年間休学する
    大正 7年(1918)4月14歳同志社中学校より兵庫県立龍野中学校へ転入
    大正 9年(1920)6月16歳龍野中学在学中に四高受験
    9月第四高等学校理甲入学
    大正10年(1921)17歳このころ、仲間と陸上部を結成、砲丸投げをおこなう
    大正12年(1923)3月19歳第四高等学校を卒業
    4月京都帝国大学医学部へ入学
    昭和 2年(1927)3月23歳京都帝国大学医学部を卒業
    4月京都帝国大学医学部副手となる 医師免許取得
    4月15日 医師免許証が交付される
    9月京都帝国大学医学部助手となる
    昭和 3年(1928)1月24歳姫路歩兵第三十九連隊へ入隊 即日除隊
    6月京都帝国大学医学部助手を免ぜられる
    7月島根県立松江病院眼科部長となる
    昭和 5年(1930)6月26歳同退職
    9月京都帝国大学大学院へ入学
    昭和 6年(1931)1月27歳京都帝国大学医学部講師となる
    昭和 7年(1932)3月28歳同退職
    三重県津市立病院眼科部長となる
    5月木部崎阿やと結婚(挙式5日後に兄が死去、松岡病院に帰ることとなる)
    6月津市立病院を退職
    7月松岡病院を継ぎ、院長となる
    昭和 8年(1933)6月29歳医学博士の学位を受ける
    蓼風社を結成、本部を松岡病院内に置く
    昭和 9年(1934)このころ30歳結核にかかり療養する
    昭和10年(1935)31歳長女、都 出生
    昭和14年(1939)35歳長男、秀樹 出生
    昭和16年(1941)3月37歳有年文化協会の結成、会長となる
    昭和17年(1942)3月38歳有年村壮年団の結成、団長となる
    この年有年村の遺跡標柱の建立
    昭和21年(1946)42歳公職追放の指定を受ける
    昭和22年(1947)このころ原小学校裏のはげ山の砂防工事で遺物を発見、埋蔵文化財の保存を決意
    このころ西野山1号墳が石取工事の際に発見される
    昭和23年(1948)4月44歳上郡町与井西山瓦窯跡の調査
    昭和24年(1949)1月45歳次女、環 出生
    昭和25年(1950)1月46歳相生市旧矢野荘内の踏査、荘園研究を開始
    4月有年考古館設立準備委員会を結成、代表者となる
    7月有年考古館工事着工
    8月砂防工事により西野山3号墳の墳丘および排水施設が一部破壊される
    9月有年考古館創立総会がおこなわれ、理事となる
    10月有年考古館開館式 常任理事となる 44㎡の考古館
    10月1日付けで財団法人設立許可申請書提出
    昭和26年(1951)4月47歳27日 財団法人有年考古館設立認可、同館館長となる
    兵教委学第16号の1の通知、兵庫県教育委員会指令第33号を持って許可
    5月3日~13日 上郡町西野山三号墳の学術調査
    11月22日 地文総第485号をもって兵庫県教育委員会所管から文化財保護委員会所管となるとの通知
    昭和27年(1952)10月48歳『兵庫県西野山第三号墳』刊行
    11月兵庫県文化賞を受賞
    昭和28年(1953)4月49歳姫路市へ転居
    昭和36年(1961)4月57歳赤穂市蟻無山古墳群の墳丘測量調査を実施
    昭和37年(1962)12月58歳【日本考古学辞典】に有年考古館が紹介される
    昭和38年(1963)4月59歳財団法人有年考古館理事長となる
    5月53㎡を増築
    12月赤穂駅前の大同生命ホールで(財)有年考古館展を開催
    赤穂市猪壺谷遺跡の調査
    昭和40年(1965)61歳赤穂市文化財調査委員長となる
    昭和41年(1966)2月62歳赤穂市丸山で猪壺谷遺跡を発掘調査
    8月赤穂市丸山で猪壺谷遺跡を発掘調査
    11月(赤穂市文化財調査委員会が赤穂市内を分布調査)
    昭和42年(1967)3~4月8月63歳猪壺谷遺跡の調査
    11月兵庫県社会文化協会評議員となる
    昭和43年(1968)6月64歳山陽新幹線・中国縦貫道文化財対策審議委員となる
    6月赤穂塩業資料館管理委員会委員に委嘱される
    昭和44年(1969)3月65歳有年史蹟を守る会を結成
    上郡町の遺跡分布調査を実施
    昭和45年(1970)4月66歳上郡町高田の住宅団地建設予定地で古墳(4基)が発見される
    5月県の文化財対策審議委員を辞職
    11月文化財保護の功績により、文化庁長官より表彰される
    11月この段階で、市内の古墳165基、貝塚1基、縄文・弥生遺跡11ヶ所の埋蔵文化財調査を実施。
    昭和46年(1971)9月67歳上郡町の史跡を守る会を結成、中山古墳群の保存運動を行う
    10月西野山古墳群(中山古墳群)の2基が保存される方針となる(後に変更、協議継続)
    12月中山古墳群の調査開始開始
    昭和47年(1972)11月68歳中山古墳群11号墳を有年考古館に移築する
    12月5次にわたる中山古墳群の調査を終了
    昭和48年(1973)1月69歳赤穂市の第二次埋蔵文化財分布調査を終了
    11月西播地域皮多村文書研究会が発足、世話人代表となる
    この年有年老人大学で「ふるさと有年の歴史」の講演を始める
    昭和49年(1974)6月70歳赤穂歴史研究会を結成し、会長となる
    昭和50年(1975)11月71歳文化財保護の功績により、勲五等瑞宝章を受賞
    11月考古学研究者らによって受賞祝賀会が催される
    昭和51年(1976)1月72歳赤穂市塩屋岩屋廃寺跡の調査
    1月松岡秀夫先生論文集の出版
    3月赤穂市立赤穂西小学校(鷏和)建設に伴う調査
    5月県立赤穂養護学校(大津)建設予定地で確認調査
    7月赤穂市上高野で銅鐸の鋳型片を発見する
    8月赤穂市高野において群集墳の分布調査
    10月赤穂高校建設の土砂取り地において横穴式石室を発見、調査
    昭和52年(1977)1月73歳赤穂市生島古墳の墳丘測量調査
    3月塩谷賞(個人・学術部門)受賞
    4月日本考古学協会会員となる
    5月1日 有年考古館改築工事竣工、旧館に有年民俗資料館を併設する
    5月西播流域史研究会により、有年考古館蔵品の実測作業開始
    8月赤穂市史編さん専門委員となる
    8月赤穂市天和で確認調査
    8月上郡町立高田幼稚園建設に伴う試掘調査
    昭和53年(1978)8月74歳上郡町立高田小学校運動場拡張に伴う調査
    8月赤穂歴史研究会名誉会長となる
    10月赤穂市西有年馬路池の発掘調査
    11月赤穂市立原幼稚園建設に伴う発掘調査
    昭和54年(1979)1月75歳山陽自動車道赤穂インター侵入路予定地で遺跡の確認調査
    2月上郡町立高田小学校改築に伴う試掘調査
    4月塩屋堂山遺跡の発掘調査団長となる
    8月上郡町立船坂幼稚園建設に伴う試掘調査
    10月塩屋堂山遺跡の調査報告会を赤穂市民会館で開催
    11月赤穂市西有年北山で発見された横口式石槨墳の調査
    12月赤穂市西有年馬路池の発掘調査
    赤穂市立原小学校運動場拡張に伴う発掘調査
    昭和55年(1980)2月76歳赤穂市西有年与井谷口で積石塚を発見、発掘調査
    3月上郡町尾長谷西部木場の分布調査
    5月神戸新聞平和賞を受賞
    7月赤穂市立有年小学校の建設に伴う発掘調査を実施
    8月相生市陸池ノ上古墳の発掘調査
    11月赤穂市立原小学校の屋内運動場建設に伴う発掘調査
    猪壺谷遺跡の発掘調査
    昭和56年(1981)1月77歳赤穂市文化財保護審議会会長となる
    3月上郡町金出地・奥・楠地区ほ場予定地の分布調査
    4月上郡町の遺跡分布調査を開始
    7月上郡町立赤松幼稚園建設に伴う発掘調査
    8月相生市入野窯跡発掘調査団編成、1・2号窯の発掘調査
    8月相生市大塚ハザ古墳の墳丘測量調査
    昭和57年(1982)3月78歳赤穂市周世・楢原ほ場整備に伴う分布調査
    3月上郡町立高田小学校体育館建設予定地の発掘調査
    3月西播地域総括責任者であった『兵庫県の中世城館・荘園遺跡』刊行
    4月上郡町の遺跡分布調査
    5月高田小学校体育館建設予定地で見つかった竪穴住居跡の保存決定
    6月旧赤穂高校校舎保存のため署名運動を始める
    7月相生市スポーツセンター建設地の発掘調査
    8月赤穂市文化財保護審議会会長辞任
    8月相生市丸山古窯址群の発掘調査
    8月相生市緑ヶ丘二号窯の発掘調査
    8月入野古墳の実測調査。提瓶、メノウ耳環、管玉出土
    10月有年考古館で盗難事件がおきる
    12月相生市福井池ノ下遺跡の発掘調査
    昭和58年(1983)3月79歳赤穂市立資料館運営員会委員に委嘱される
    4月上郡町立高田小学校プール・高田公民館建設に伴う試掘調査
    4月上郡町の遺跡分布調査を再開
    5月堂山遺跡の調査
    5月赤穂市周世ほ場整備に伴う分布調査
    6月赤穂埋蔵文化財調査会を結成、会長に選任される
    7月相生市緑ヶ丘一の谷二号窯の発掘調査
    8月史跡赤穂城跡調査委員に選任される
    9月赤穂市文化財保護審議会委員に再任される
    12月相生市下土井遺跡の発掘調査
    昭和59年(1984)1月80歳赤穂市周世入相遺跡の発掘調査
    1月俳句集『発掘日記』を出版
    3月赤穂市堂山遺跡の発掘調査
    4月上郡町の遺跡分布調査
    5月赤穂市御崎大塚古墳の発掘調査
    7月相生市西後明窯跡の発掘調査
    8月上郡町立高田小学校増築に伴う発掘調査
    10月史跡赤穂城跡調査委員に再任される
    10月『兵庫県西野山第三号墳』報告書復刻される
    11月姫路文化賞を受賞
    12月相生市西後明窯跡の発掘調査
    昭和60年(1985)2月81歳有年在住有志による松岡秀夫傘寿祝賀会が催される
    4月姫路市民芸術文化大賞を受賞
    8月30日 81歳で逝去
    9月『松岡秀夫傘寿記念論文集 兵庫史の研究』が刊行される
    平成元年(1989)4月松岡秀樹氏により遺稿歌集『蟻無山』が刊行される

    イメージキャラクターの
    うにゅちゃんが説明します!

    学校関係や団体の方はご覧ください!

    ■赤穂市立有年考古館■

    〒678-1181
    赤穂市有年楢原1164番地1
    TEL・FAX:0791-49-3488
    午前10時~午後4時開館
    火曜日及び年末年始休館