沿革


            原小学校沿革抄

明治 6年10月 原村,三宅氏宅に時習校を開設。(10月12日)
    8年 4月 鉄水小学校と改称。
   18年 4月 赤穂郡第2番学区八洞小学校の分校となり初等科を置く。
   20年 4月 赤穂郡第15番学区東有年簡易小学校と改称。
   22年 5月 東有年に尋常小学校を原に簡易小学校を設ける。
   24年 5月 原簡易小学校を廃し,尋常小学校と改称。
   25年 3月 校舎増築 縦5間 横3間。
   36年 4月 原村字原より,原村字田中に新校舎建設移転。
   41年 4月 校舎1棟増築 義務教育延長 尋常科5学年設置。
大正 7年 2月 有年村立実業補習学校原分校を併置。
昭和 5年 8月 新校舎並びに連絡用廊下竣工。  
    8年 4月 運動場拡張工事完了。
    9年 8月 校地東北隅に便所を転移改築。
   11年 8月 旧煙草収納庫を転移,特別教室に改築。
   12年 8月 特別教室,両側倉庫完成。
   16年 4月 国民学校令施行により,原国民学校と改称。
   18年 4月 有年村外3か村組合青年学校を併設。
   19年 3月 青年学校を有年村横尾に移転。
   22年 4月 学校教育法の改正により有年村立原小学校と改称。
   32年 7月 原小学校新校舎落成。
   46年 3月 岩石園,庭園,植物園,プール,便所完成。
   53年 3月 運動場フエンス完成。
   54年 8月 運動場拡張工事完成。
   55年 8月 校長室,用務員室改修。
   56年 3月 屋内運動場竣工。
   62年 1月 校舎改築に伴う校地拡張工事開始。
   62年 6月 旧木造校舎解体。
   62年 9月 校舎起工式。
   63年 4月 新校舎竣工。
平成 2年 4月 稲作体験「ありなし農園」開始。
    4年 4月 有年楢原地区を原小学校に編入。       
           通学区域を原・牟礼・横尾・楢原と定める。  
    6年 4月 原小太鼓開始。
    7年 9月 パソコン教室。生活科室完成。        
   12年 4月 特別支援学級(なかよし学級)新設。ホタル飼育開始。      
   13年 8月 運動場整備工事完成。
   13年 9月 県警「ホットライン」緊急通報システムの設置。
           シャワー室の設置。
   14年 3月 裏庭にホタルの住む川の完成。
   14年 8月 野外ステージ改修。
           にわとり小屋新設。
   14年10月 有年中学校区人権教育実践研究会。
   15年 8月 自転車置き場の屋根新設。
   16年11月 オープンスクール(1週間)実施。 
   17年10月 プレ国体「原小太鼓」出演。
   18年10月 のじぎく兵庫国体「原小太鼓」出演。 
   19年11月 有年中学校区人権教育実践研究会。
   21年 1月 体育館耐震補強工事完了
   24年 4月 特別支援学級(すこやか学級)新設。
   24年 6月 プールテント設置。
   24年11月 有年中学校区人権教育実践研究会。
   24年11月 西播磨地区小学校教育研究会 生活科・総合的な学習研究大会。
   25年10月 原小学校140周記念事業開催。
   26年11月 有年・原地区洪水災害10周年 防災講演会開催
   27年12月 有年小・原小合同マラソン大会開催
   28年 3月 災害時給水井戸設置