直線上に配置
海そうひょう本の作り方

さい集の場所
・海そうは、いそ浜の岩などによくついている。
・風が強くて大波や台風のよく日、たくさん打ち上げられているのでさい集しやすい。
・赤穂市の海岸では、御崎のお宮の下のたたみ岩付近・福浦海岸・大塚海岸・唐船島付近・
 坂越大黒海岸・ 丸山海岸などが特に多い。
・海そうのさい集は2月から5月ごろが一番よい。

作り方の手じゅん
@パットか洗面器にあける A水を入れて塩分をとる
B海そうの下に台紙を入れる C水の中で多すぎる枝やゴミをとり
 のぞく
D台紙の植えに海そうをのせ、水の
 中からぬきとるようにして上げる
E台紙のまま、新聞紙の上になら
 べる
F海そうの名前を調べてラベルをはる Gその上からガーゼ(さらしのもめ
 んでもよい)をのせ、さらに新聞
 紙をのせる

メール アイコン自然研究部メインへ

直線上に配置