高雄の河原の1番の自慢は絶滅危惧種Aランクの「ハマウツボ」が見られることです。5月にはその「ハマウツボ」が紫色の花をつけます。そこで、講師の先生を招いて、ハマウツボ観察会が開かれました。

 「ハマウツボ」は変わった植物で、「カワらヨモギ」の根に寄生して育ちます。「カワラヨモギ」がないと生きていけないのです。 観察会では、そ〜っとほりおこして、「カワラヨモギ」と「ハマウツボ」が根の部分でくっついている様子を観察しました。
もどる
つぎへ