HP TOP へ

学校の紹介

校区の概要
 本校区は赤穂市の北西部に位置し、周りを山に囲まれた田園地帯にある。東には千種川、西には長谷川が流れ、校区の中央を東西に国道2号線が通っている。学校周辺には堂場ヶ市遺跡、遠古殿遺跡、東有年沖田遺跡等、弥生時代から古墳時代にかけての住居跡が点在し、古代から開けたところである。放亀山一号墳(前方後円墳)、有年山城(大鷹山城)跡も発見され、赤穂市北部の自然と歴史豊かな地域を校区にもつ。稲作文化に根ざす祭りや伝統芸能も盛んである。
校訓

ほがらか
はつらつ
すこやか
学校教育目標
 ふるさとを愛し 夢を育む
     児童の育成
 〜自ら考え行動できる子〜
めざす児童像
 ほがらか・・・自ら学び、ともに考え磨き合う子
 はつらつ・・・仲よく、ともに助けあう子
 すこやか・・・強い意志とたくましい体で、ともに鍛え合う子
 
 児童数      沿革 
ホームページTOP