兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

◆コラム◆ なるか!?古代の大展望台−蟻無山古墳−

みなさんは、蟻無山古墳をご存知でしょうか?
有年原地区の北側の山にある、直径約50mの古墳です。形は円い形に小さな突起のつく「帆立貝形古墳」と言われています。この古墳は古墳時代中期のもので、朝鮮半島から技術がもたらされたばかりの最新の土器「初期須恵器」や、馬の形をした埴輪「馬形埴輪」が見つかっています。

この古墳は、当時の千種川流域で最大の規模をもち、兵庫県の指定文化財となっています。

ところでここ数年、赤穂市では少しずつ古墳の頂上を伐採し始めています。現在2年目ですが、だんだんと大展望台が完成しつつあります。10分ほど山を登れば壮大な景色が味わえますので、みなさんも一度訪れてみてはいかがでしょうか。


有年幼稚園前に看板があります。


お寺の奥に標柱があります(右端にあります)


登っていくと、兵庫県教育委員会の説明板があり、、、


頂上では上郡町が現在のところ見通せます。有年地域ももうすぐです。


完全に伐採すると、ピンク色の範囲がすべて見通せる予定です。

1つ前のページに戻る
トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ