兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

「まるごと赤穂城博」を開催します!!※チラシ記載とは異なり、事業を延期しておりますのでご注意ください

令和3年度が、市制70周年、赤穂城跡国史跡指定50年、築城360年となることを記念し、「まるごと赤穂城博」と題して、赤穂城跡を中心とした啓発・普及事業を下記のとおり実施します。


(1)本丸櫓門内企画展の開催

緊急事態宣言発令により、事業を延期することがあります。

本丸櫓門内階上内部で企画展「赤穂城の歴史と特徴」を開催します。

会期
10月2日〜12月14日のうち土日祝日(ただし12月は11・12・14日のみ開館)
開館時間
午前10時〜午後4時
内容
史跡赤穂城跡について、その歴史と特徴をパネルや発掘調査出土遺物で解説します。あわせて、令和2年度に制作した赤穂城跡プロモーション映像を放映します。

(2)記念入城証の無料配布

緊急事態宣言発令により、事業を延期する場合があります。

上記の企画展開催時に、限定3,000部の記念入城証を無料配布します。(1人につき1枚配布、なくなり次第終了)。

配布日
令和3年10月2日(土)からの土日祝日
配布時間
午前10時〜午後4時
配布場所
赤穂城跡本丸櫓門下

(3)連続講演会「近世海城研究最前線」の開催

緊急事態宣言発令により、事業を変更・中止する場合があります。

「海城の構造と魅力」をテーマとし、学識経験者ほかによる3回の連続講演会を開催します。

日程
第1回 10月23日(土)「海城としての唐津城〜発掘調査成果から見た唐津城の特徴〜」坂井清春氏(唐津市教育委員会)
第2回 11月20日(土)「波の上の名城〜瀬戸内海と高松城〜」高上 拓氏(高松市埋蔵文化財センター)
第3回 12月12日(日)「海城の魅力〜城の形態の最高到達点〜」三浦正幸氏(広島大学名誉教授)
会場
赤穂市文化会館(ハーモニーホール)2階学習室
時間
いずれも午後2時〜
定員
それぞれ50名で締切
申込み
事前申込み制(先着順)
募集開始
令和3年9月1日午前9時〜
申込先
赤穂市教育委員会文化財課(左欄参照)
※電話受付は平日のみ
備考
講演会開催後にYoutubeチャンネル「Channel AKO」にて配信予定 (令和4年3月まで)

(4)赤穂城跡発掘調査・整備工事現地説明会の開催

緊急事態宣言発令により、事業を延期・中止する場合があります。

赤穂城跡整備に伴い実施している発掘調査とその整備の現地説明会を開催します。

ア 赤穂城跡二之丸門跡周辺発掘調査現地説明会
日時:10月開催を予定しております
場所:赤穂城跡二之丸門跡周辺発掘調査現場
イ 赤穂城跡二之丸西中門跡周辺整備工事現地説明会
日時:2月開催を予定しております

(5)赤穂城跡二之丸庭園公開範囲の拡大

 赤穂城跡二之丸庭園は、平成14年9月の国名勝指定以降、継続的な整備を実施してきました。また整備の進捗に伴い、平成28年から一部公開を行ってきましたが、このたび公開範囲を拡大し、花見広場から二之丸庭園の通り抜けができるよう、西仕切門を開門します。

開門開始日
令和3年9月1日(水曜日)
開園時間
午前9時〜午後4時30分(最終入園は午後4時まで)
 ※時間外の通り抜けはできません
休園日
年末年始(12月28日〜1月4日)

※それぞれの行事開催時における新型コロナウィルス感染拡大や緊急事態宣言の発出等の状況により、行事の中止・変更及び施設閉鎖・利用制限等を行う場合があります。その際には、別途お知らせします。

トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局文化財課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ