兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

1月26日は第61回文化財防火デーです!

 1月26日は、文化財保護法制定の契機となった法隆寺金堂壁画が焼損した日(昭和24年)にあたります。昭和30年にこの日を「文化財防火デー」と定め、貴重な文化財を火災、震災その他の災害から守るために、文化庁と消防庁が協力して、毎年1月26日を中心に全国的に文化財防火運動を展開しています。
 詳細は、文化庁資料をご覧ください。

 赤穂市においても、毎年指定文化財を中心に所管消防署の査察を受けるとともに、消防訓練を実施しております。今年度は、赤穂市立民俗資料館(旧日本専売公社赤穂支局/兵庫県指定文化財)にて消防訓練を実施いたします。

消防訓練の詳細
実施日
平成26年1月26日(月)9時00分から
実施場所
赤穂市立民俗資料館(赤穂市加里屋)

トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ