兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

平成26年度「伝統文化親子教室事業」を募集します!!

 この事業は、次代を担う子供たちが親とともに,民俗芸能,工芸技術,邦楽,日本舞踊,華道,茶道などの伝統文化・生活文化に関する活動を計画的・継続的に体験・修得できる機会を提供する取組に対して補助を行うことにより,伝統文化・生活文化の継承・発展と,子供たちの豊かな人間性の涵養に資することを目的とし、文化庁が実施するものです。

 以下の事業を計画し、その計画に基づいて実施する取組みに対して、文化庁が補助金を交付いたします。赤穂市では、これらの事業をされる方を募集いたしております。希望される方は、お問い合わせください。

平成26年度「伝統文化親子教室事業」募集案内

 我が国の伝統文化・生活文化の継承・発展と、次世代を担う子供たちの豊かな人間性の育成を図るため、子供たちが親とともに民俗芸能、工芸技術、邦楽、日本舞踊、華道、茶道などの伝統文化・生活文化に関する活動を計画的・継続的に体験・修得できる機会を提供する取組に対して、文化庁が平成26年度に補助金を交付します。


◆補助の対象となる事業 ◆

○伝統文化親子教室
 子供たちを対象に、伝統文化・生活文化に関する活動を、計画的・継続的に体験・修得できる取組及び「教室」で修得した技芸等の成果を披露する発表会を開催するための取組。
○「放課後子供教室」及び「土曜日の教育活動」と連携した取組
 地域住民等の参画により、放課後や週末等に、子供たちに様々な体験・交流活動の機会を提供する「放課後子供教室」及び「土曜日の教育活動」に参加している子供たちを対象に、伝統文化・生活文化に関する活動を体験する機会を提供する取組。

 ※本事業で対象とする伝統文化・生活文化の例としては、民俗芸能、工芸技術、邦楽、日本舞踊、茶道、華道等のほか、地域の年中行事、郷土食等です。

 これらの事業を計画し、その計画に基づいて実施する取組みに対して、文化庁での審査を経て採択されれば補助金が交付されます。
 赤穂市では、これらの事業をされる方を募集いたしております。希望される方は、下記までお問い合わせください。


◆応募期間 ◆
平成26年4月7日(月)まで(赤穂市教育委員会必着)
◆問い合わせ先 ◆
赤穂市教育委員会 生涯学習課 文化財係
 (TEL: 43-6962 FAX: 43-6895)

※ 対象となる事業及び経費等の詳細につきましては、文化庁のホームページの募集案内等をご覧ください
(http://www.bunka.go.jp/bunkazai/oyako/h26/h26_oyako.html)

トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ