兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

赤穂義士木像修復ボランティア再開!!

 赤穂市教育委員会では、永応寺より寄贈を受けた赤穂義士木像を修復するため、市民からひろく修復ボランティアを募集し、平成21年3月より実施してきました。
 修復は、平成21年3月14日を第1回として、4月19日、6月20日、7月11日、8月1日、8月29日、9月19日、10月17日、11月23日とおおむね月1回開催され、丁寧に清掃・記録作成が行われたほか、この木像をモチーフにした掛軸が永応寺に保管されており、それを実見するなど新展開もありました
 木像には、表門隊、裏門隊といった区分のほか、兜に「い」「ろ」「は」「に」などが逆転写された文字が記載されているなど、まだまだ不明な点が多く残されています。

 しかし、昨年度末には修復場所が手狭なこと、修復方針の見直しなどから作業が6ヶ月間休止されていました。この間に、一部の木像は薫蒸され、また収納されていた箱も正しい配置に戻されるなど、かなり整理されてきました。

 

修復を静かに待つ赤穂義士木像

 そこで、平成22年6月19日から、場所を赤穂市立歴史博物館に移して、第10回の修復作業が再び開始されることとなりました。

 当日は、修復ボランティア12名が参加のもと、はずれた部品の照合、接着剤として使われていた「にかわ」の除去、一部解体点検などが行われました。今後も継続して行われ、まずは接合完成を目指したいと考えています。

トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ