兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

坂越で船檀尻が組み立てられています

 坂越船祭りは、現在国によって「記録作成等の措置を構ずべき無形の民俗文化財」に選択されています。そこで赤穂市教育委員会では、国庫補助事業の採択を受けて、平成19年度から3年間をかけて、坂越船祭り総合調査を実施しているところです。
 その調査の一環として、かつては船祭りで使用され、祭りの賑わいに一役買っていた「船檀尻」が、現在も倉庫に眠っているとの情報が得られたことから、船檀尻を組み立ててみようというプロジェクトが開始しました。
 今回の組み立てが完成すると、最後に使用された年から約60年ぶりとなりそうです。

 船檀尻は、2艘の連結した船の上に建物がくみ上げられ、中で芝居や演曲などの出し物を行うもので、後には様々な出し物も実施されたようです。


倉庫から運び出すところ。


全部運び出しました!


倉庫自体にも、味があります。


組み上げ開始。土台部分です。


柱を立てて・・・


組み上げていきます。


あとは破風をつけて、形ができます。

トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ