兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

文化財案内看板を改修しました!!

 赤穂市教育委員会では、市内の文化財に隣接して案内看板を設置しています。このたび、JR坂越駅前の案内看板及び上仮屋の「博文館跡」の標柱を改修しましたので、お知らせいたします。

 JR坂越駅前には、周辺の文化財案内のため、案内図を掲示しています。この案内看板は平成13年に設置されたものですが、シートが破れ、内容が判読できない状態でした。そのため、板面の張替えを行いました。

 今回の地図では、尾崎トンネルや、近年発見された遺跡、新指定文化財など、新たな情報を追加・修正しております。皆さまぜひご覧ください。


 これに加えて、赤穂城塩屋門跡前にある「博文館跡」についても標柱を更新しました。
 「博文館」は、赤穂出身で江戸や京都の文人と多くの交流があった、赤松滄洲とその子蘭室の建言によって建てられたもので、安永6(1777)年に設立されました。

 家中(武士)の教育に利用されたいわば「学校」で、赤穂藩の武士階級の子弟教育の基礎を築きました。
 現在は、鶴の丸公園となっています。

 赤穂城内や城下町跡には、このほかさまざまな標柱が建てられています。『文化財をたずねて』を手に、皆さまもぜひ訪ねてみてください。

トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ