兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

「南国土佐の忠臣蔵」展を開催します!!

 赤穂市立歴史博物館では、このたび「南国土佐の忠臣蔵−絵金が描いた芝居絵屏風−」を開催いたします。

 塩と忠臣蔵、上水道を主テーマとして展示を行っている赤穂市立歴史博物館では、今回は土佐の絵屏風を題材とし、皆様を忠臣蔵の世界へといざないます。
 南国土佐地方の神社では、芝居絵屏風を並べるというちょっとかわった祭礼があります。幕末頃にこの屏風画家として名をはせた弘瀬洞意は、一時は土佐藩の御用絵師になったものの、贋作事件を機に身分を剥奪されます。
 しかし洞意は、町絵師金蔵として独特の手法を用いた絵屏風を作成し、町人達に絶大な人気を博したのです。
 今回の特別展では、洞意とその弟子達が絵屏風に描いた、独特の忠臣蔵の世界を堪能ください。

展覧会名
南国土佐の忠臣蔵−絵金が描いた芝居絵屏風−
開催期間
平成19年11月3日〜12月17日
開館時間
午前9時30分〜午後5時(入館は4時30分まで)
休館日
火曜日(ただし祝日の場合はその翌日)
入館料
大人(高校生以上)300円、小中学生150円(団体割引等別途あり)
問合せ先
赤穂市立歴史博物館
赤穂市上仮屋916-1番地
0791−43−4600

トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ