兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

台風14号の被害について

9月6〜7日に起きた台風14号被害により、赤穂市内の文化財もいくつかの被害を受けました。
ここにご報告いたします。

赤穂城跡(国史跡)
現在、発掘調査や二之丸整備など活発に活動中ですが、今回の台風では三之丸に設置された板塀が一部破損したほか、三之丸大手門の土塀に葺かれた瓦が壊れてしまいました。

旧日本専売公社赤穂支局(県指定文化財)
現在、赤穂市立民俗資料館として利用されている建物で、県の指定文化財(建造物)となっています。今回の台風により、庇部分が地面に落下してしまい、大きな被害となりました。

旧坂越浦会所(市指定文化財)
坂越にある建造物で、赤穂藩主御成りの部屋も造られていたところです。今回の台風により、壁が剥落しました。

これらの被害については、順次修理していく予定ですので、皆様のご協力をお願いいたします。

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ