兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

梅原 猛 文化講演会のお知らせ!!

 このたび、全国的に著名な梅原 猛先生による講演会を下記の要領で開催いたします。皆さまふるってご参加ください。

講 師
梅原 猛(国際日本文化研究センター顧問)
日 時
平成19年11月10日(土) 午後2時〜
場 所
赤穂市文化会館(ハーモニーホール)小ホール
演 題
「秦河勝と能」
 昨年2度に渡って原稿執筆のために坂越を訪れ、現在「能芸と世阿弥」についての論考を作成中の梅原氏は、古代・中世を見通しながら、日本古来の文化である「能」の究明に力を注いでおられます。  今回の講演会では、能の初源といわれる秦河勝について、千種川流域の河勝ゆかりの大避神社の話題なども盛り込みながら、近年における最新の研究成果を聴くことができます。
聴講料
無 料
主 催
赤穂市教育委員会
共 催
赤穂義士会
講師略歴
 大正14年(1925)、仙台市生まれ。京都大学文学部哲学科卒。
 立命館大学教授、京都市立芸術大学学長、国際日本文化研究センター初代所長などを経て、現在、同センター顧問。日本ペンクラブ会長も務めた。平成11年(1999)、文化勲章受章。
 著書に『隠された十字架 法隆寺論』(毎日出版文化賞)、『水底の歌 柿本人麿論』(大佛次郎賞)、『ヤマトタケル』(大谷竹次郎賞)、『日本人の「あの世」観』、『京都発見』、『梅原猛の授業 仏教』など多数あり、二期にわたる『梅原猛著作集』が刊行されている。縄文時代から近代までを視野に収め、文学・歴史・宗教等を包括して日本文化の深層を解明する幾多の論考は〈梅原日本学〉とよばれる。近著『梅原猛の授業 仏になろう』『歓喜する円空』。

ひとつ前のページに戻る
トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ