兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

郷土の義士研究者 内海定治郎氏の関係資料を募集!!

 みなさんは、赤穂義士研究家の内海定治郎をご存知でしょうか?明治27年に生まれた内海氏は、学校で教鞭を執る傍ら、『真説赤穂義士録』(昭和8年、士道教育研究会・博美社)、『豊岡と大石内蔵助夫人』(昭和27年、大日本紡績株式会社兵庫県出張所)『赤穂版・真説忠臣蔵』(昭和40年、のじぎく文庫)『赤穂義士事典』(昭和47年、「赤穂義士事典」刊行会)など、赤穂義士の研究に多くの成果を残されました。また、1941〜1942年に公開された松竹京都『元禄忠臣蔵(前後篇)』(溝口健二監督)では、史実考証なども担当されておられます。

 現在、赤穂市教育委員会では内海氏の関係資料を収集しております。もし所蔵されている方がおられましたら、ご連絡くださいますようお願い申しあげます。

ひとつ前のページに戻る
トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ