兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

国指定文化財
赤穂の製塩用具
あこうのせいえんようぐ

区分
民俗文化財
種別
有形民俗文化財
数量
237点
所有者
赤穂市
(管理者)歴史博物館
指定年月日
昭和44年4月12日
説明
 我が国における代表的な伝統的製塩法には、入浜塩田と揚浜塩田がある。赤穂市をはじめとした瀬戸内海沿岸地域では広い砂州と潮汐干満の大きな差を利用した入浜塩田が盛んに行われてきた。入浜塩田は海水を水路で導入し、砂面に浸透させて製塩するものであり、赤穂は瀬戸内海沿岸地域の入浜塩田の代表的なものの一つであった。
 この資料は、赤穂市域で使用されてきた入浜塩田での製塩用具一式を収集したものである。入浜塩田がほとんどみられなくなった現在では貴重な収集である。

指定文化財一覧に戻る
トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ