兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

国指定文化財
田淵氏庭園
たぶちしていえん

区分
記念物
種別
名勝
数量
4,384.28u
所有者
個人
指定年月日
昭和62年5月25日
説明
 田淵氏庭園は、茶亭露地と書院庭園から成り、御崎山の傾斜を利用して山際に茶亭を、平地に書院を配して構成されている。
 上部に明遠楼、中腹に春陰斎、下部に書院と池庭が配置され、春陰斎を中心とする露地から下部の書院庭園までは久田宗参の作庭とされている。春陰斎を中心に、中門や腰掛待合が配され、上部の明遠楼と下部の書院を巧みにつないでおり、全体が一つの庭として見事に融合している。
 この庭園は建築、庭園ともに当代一流の造営がなされ、今日まで当時の姿をよくとどめた名庭として昭和62年5月国の名勝に指定されている。
 平成18年5月19日敷地すべてを名勝に追加指定。同庭園は寛文13年(1673年)以降、製塩業を営んでいた田淵家の当主が江戸中期に三代かけて造営したものである。

参考文献
『名勝田淵氏庭園 春陰斎保存修理報告書』 田淵新一郎 平成2年3月
『名勝田淵氏庭園保存管理計画策定報告書』 赤穂市教育委員会 平成24年3月

指定文化財一覧に戻る
トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ