兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

市指定文化財
義士墨跡並びに冨森助右衛門筆記
ぎしぼくせきならびにとみのもりすけえもんひっき

区分
有形文化財
種別
歴史資料
数量
2巻
所有者
赤穂市教育委員会
(管理者)歴史博物館  
指定年月日
平成7年5月25日
指定番号
19
説明
  • 義士墨跡
     「義士墨跡」は、討ち入り後熊本藩細川綱利邸に預けられた大石以下の義士から、同藩家中堀内伝右衛門が所望してもらった手蹟を張り合わせて1巻としたものである。原惣右衛門自筆の「浅野内匠家来口上写」をはじめ、大石・吉田・原・小野寺・磯貝・近松・冨森・潮田・早水・間の10人からもらった短冊・扇面・書付及び原の筆になる小野寺妻の和歌が収められている。そのうち切腹(元禄16年2月14日)の直前にもらった辞世(5人)などについては「堀内伝右衛門覚書」に入手の事情が記されてある。


  • 冨森助右衛門筆記
     冨森が熊本藩御預け中の元禄16年正月24日、同じく堀内伝右衛門の求めに応じて、討入りとその翌日の行動について記した筆記である。吉良の首級をあげる場面については磯貝十郎左衛門加筆を受け、それを冨森が改めて浄書したのが本筆記である。討入りの状況を当事者が記したものとして最も詳しい。


(上記は指定時の文章です)

指定文化財一覧に戻る
トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ