兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

市指定文化財
木造毘沙門天立像
もくぞうびしゃもんてんりゅうぞう

区分
有形文化財
種別
彫刻
数量
1躯
所有者
神護寺
(管理者) 如来寺
指定年月日
昭和56年9月1日
指定番号
2
説明
 像高108p、寄木造で、頭・体の幹部をとおして前後に矧ぐ。後頭部の一部は欠失している。両肩先及び足の部分は特に傷みが甚だしく、その他にもいたるところに修補のあとがみられる。右胸部のごとく、穴のあいたところに埋め木したところもある。右手指先は欠失し、左手首よりさき、天衣等も後補である。武装忿怒形をとるが相貌は温和となり、胸甲・腹甲・裳・天衣等の彫法も浅くおだやかである。
 神護寺の寺伝にあるように、文覚の再興と関係づけることができるかどうかは、わからないが、本像が藤原時代末期の製作にかかることだけは確かである。


(上記は指定時の文章です)

指定文化財一覧に戻る
トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ