兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

市指定文化財
石造宝篋印塔
せきぞうほうきょういんとう

区分
有形文化財
種別
建造物
数量
1基
所有者
赤穂市  
指定年月日
平成12年3月31日
指定番号
36
説明
 西有年の旧山陽道に沿った北側にある。もとは300mほど西の街道筋にあったが、平成5年3月に西有年圃場整備の際に取り払い、同7年3月に現在地へ整備して移築された。
 花崗岩製で、相輪を欠失しかわりに五輪塔の空・風輪をのせている。相輪部を除く高さは103cm。上部に返花座(かえりはなざ)つきの基壇(高さ17cm)および切石の基壇(高さ19.1cm どちらも創建当初のもの)の二重基壇上に建つ。現状は、さらにその下に自然石のぐり石を並べて基壇状(高さ10.5cm)にし、一見3段の基壇に見えるが、これは移建の際に新たに加えられたものである。
 各部分を見ると、笠は上6段、下2段の普通型。塔身は四面とも月輪(がちりん)を刻み、内部に梵(ぼん)字の金剛界四仏を薬研(やげん)彫りしている。基礎は上部に反花座をつけ、四方の各面とも輪郭を切り、中に格狭間(こうざま)を入れる。
 紀年銘がないため造立年次を確定できないが、隅飾突起の反りや切り込みの具合、塔身内の月輪や梵字の大きさ、薬研彫りの彫法、反花座の蓮弁(れんべん)の様式、基礎の格狭間の形などからみて、南北朝時代中期後半頃の14世紀から15世紀初頭にかけての造立だろう。
 相輪こそ失っているが、他は隅飾突起の一部を欠くだけで、ほぼ完存している。全体的には、形もよくすっきりした優美な塔で、貴重な遺物である。


(上記は指定時の文章です)

指定文化財一覧に戻る
トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ