国史跡赤穂城跡(兵庫県赤穂市) 公式Webサイト


 ■赤穂城跡のみどころ

E 武家屋敷公園〜二之丸門跡〜山鹿素行銅像

 ■武家屋敷公園
 清水門の西側にあり、浅野時代には坂田式右衛門の屋敷があった場所です。
 昭和58年(1983)に門と瓦葺き土塀が整備され、敷地内には部屋の間取り復元が行われています。
 井戸屋形や四阿(あずまや)なども設けられ、当時の生活をしのばせる花木や薬草類が得られるなど、当時の景観を再現しています。
 ■二之丸門跡
 この虎口の設計にあたっては、山鹿素行が自ら手を加えて手直しをしたと伝えられています。
 門は桁行4間半、梁行2間、建坪9坪の規模であったと言われますが、明治初期の写真を残し、現在は失われています。
 平成14年(2002)に一部の発掘調査が実施され、平成25年には二之丸門枡形石垣の一部が整備されました。
 近くには、赤穂城の築石であり叩くと「かんかん」と音が鳴る「かんかん石」があります。
 
 ■山鹿素行銅像
 江戸時代の儒学者であり兵学者であった山鹿素行は、浅野長直に1,000石で招聘され、江戸で赤穂藩士に文武を講じていました。
 また、築城中だった赤穂城二之丸門付近の縄張りを一部変更したとの記録もあります。
 その後、寛文6年(1666)に著書『聖教要録』により幕府を批判したことから、赤穂藩へ配流の身となりました。
 赤穂では、赤穂城二之丸にあった大石頼母助屋敷の一角で、8年あまりの謫居生活を送りました。
 赤穂城二之丸庭園「錦帯池」で、藩主とともに遊興した記録も残されています。

→前のページに戻る


■赤穂城跡の石垣へ