兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

赤穂城白鳥観察記−2008年度−

 一昨年の5月から7月にかけて、赤穂市を騒がせた赤穂城内での白鳥誕生事件。
5羽産まれた子白鳥は、城内が狭いことなどから加西市にある県立フラワーセンターや倉敷市の美観地区などにもらわれていきました。
 今年度は、何度か巣を作ったものの、鳥害などによって壊され、子供はできていないと思われていました。

 しかしこのたび、子白鳥が1羽確認されました。平成21年2月18日の段階では、赤穂城二之丸南の石垣周辺で生活しています。でも、少し違うような・・・!?


1月下旬に発見されたときの様子。このときは、親鳥と一緒に行動していました。

2月中旬。あまり変わらないですね。喉の下にあるふくらみは・・・、なんでしょう?

2月中旬には、親と離れていました。アヒルとも一緒に遊んでもらえない様子。。。

親鳥と、少し違うような・・・・?


一昨年 第1回の赤穂城白鳥観察記へ
一昨年 第2回の赤穂城白鳥観察記へ
一昨年 第3回の赤穂城白鳥観察記へ

トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ