兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-
−赤穂城跡、赤穂の歴史民俗、文化財、観光、名所旧跡、遺跡、発掘調査、考古学などなど−

『赤穂の民俗』の無料公開

 赤穂市教育委員会では、失われてゆく文化財の記録および保存を図るため、1969年より様々な文化財関係図書を刊行してきました。なかでも、1984年から1994年にかけて刊行された『赤穂の民俗』全11巻は、「民俗文化財」がまだあまり注目されることが少なかった昭和58年からの継続的な民俗調査成果の集大成となっています。

 ちょうど明治から昭和初期にかけての文化が、目の前で失われつつあるなかで刊行されたこれらの書籍は、現在は忘れ去られた赤穂の民俗文化を、市民主体の「赤穂民俗研究会」メンバーが生き生きと描いており、全国的にみても貴重な記録と言って良いでしょう。
 しかし、それぞれ700〜1,000部刊行されたこれら全11巻のうち、8巻分はすでに在庫がなくなり、入手が困難となっていました。

 そこで赤穂市教育委員会では、すでに在庫のないこれら8巻の書籍について、当ページで公開することとしました。

 ■『赤穂の民俗』収録の論文一覧■

 なお、これら以外の3巻については、現在も販売中ですので、皆さま是非ご購入を検討くださいますようお願いいたします。

 ■刊行図書一覧■


 公開書籍は、下記のとおりですが、ファイルサイズが大変大きいため、ご注意ください。「右クリック」→「対象をファイルに保存」で、一度パソコン上にダウンロードされることを推奨します。

ご注意
『赤穂の民俗』各巻は、Adobe社提供のPDFファイルとなっています。
PDFファイルを読むことができるAdobeReaderを入手するには、下のバナーをクリックしてください。
赤穂民俗研究会編『赤穂の民俗』シリーズ
※いずれもデジタルテキストではなく画像データとなっており、コピーはできません。
 第一巻 坂越編(一) 112ページ、PDF:9.7MB(モノクロ600dpi)

 第二巻 坂越編(二) 146ページ、PDF:8.2MB(モノクロ600dpi)

 第三巻 有年編(一) 157ページ、PDF:13MB(モノクロ600dpi)

 第四巻 有年編(二) 150ページ、PDF:10MB(モノクロ600dpi)

 第五巻 御崎編  262ページ、PDF:20.7MB(モノクロ600dpi)

 第六巻 塩屋編  326ページ、PDF:26.1MB(モノクロ600dpi)

 第七巻 加里屋・上仮屋編 359ページ、PDF:28MB(モノクロ600dpi)

 第九巻 尾崎編 331ページ、PDF:23MB(モノクロ600dpi)

トップページに戻る

巻頭写真1
(クリックすると拡大します。)

−連絡先−
赤穂市教育委員会事務局生涯学習課文化財係
〒678-0292 兵庫県赤穂市加里屋81番地
TEL:0791-43-6962 FAX:0791-43-6895
赤穂市ホームページ