■赤穂市立有年考古館のWebサイトへようこそ。当館は、兵庫県赤穂市にある入館無料の小さな考古館です。
 考古資料や民俗資料をたくさん展示し、体験学習もご用意しておりますので、ぜひご観覧ください!

文字:大文字:小
  • 文字の大きさを変えることができます(この文字の大きさで設定ください)
  • HOMEデータベース>これまでの講演会記録


    これまでの講演会記録


    有年考古館開館以来の、講演会記録です。
    2011年11月11日のリニューアルオープン後は、企画展や特別展にあわせ、考古学や歴史学以外のテーマでも講演会やシンポジウムを開催しています。

    日   付講   師当時の職名演     題
    1950年10月8日梅原末治(京都大学教授)有年考古館の意義について
    島田清(兵庫県史蹟調査委員)有年考古館と赤穂郡上代文化について
    1951年10月10日宮川満(滋賀大学教授)矢野庄の研究(中世庄園について)
    魚住惣五郎(広島文理大学教授)南北朝と西播地方
    島田清(兵庫県古文化係主任)赤穂郡の古墳文化について
    1952年10月12日小林行雄(京都大学文学部講師)考古学より見たる日本古代文化について
    島田清(兵庫県古文化財係)赤穂郡古代文化の特異性について
    楢崎彰一(名古屋大学考古学教官)西野山三号墳調査報告 遺構について
    上田宏範(大阪市立美術館)西野山三号墳調査報告 遺物について
    1953年10月12日野地脩左(神戸大学教授)日本古代の建築について
    島田清(兵庫県古文化係主任)坂越児島の古墳より出土せる十字刻印の石について
    1954年12月8日望月信成(大阪市立美術館館長)埴輪の美
    島田清(兵庫県古文化係主任)赤穂郡の石造美術について
    1955年12月4日田澤担(国立奈良古文化研究所所長)日本上代文化の特質
    島田清(兵庫県古文化係主任)龍野西宮山古墳
    1956年12月3日長広敏雄(京都大学教授)日本上代文化と大陸仏教文化
    島田清(兵庫県古文化係主任)千種川流域の青銅器文化
    1957年12月1日藤島亥治郎(東京大学教授)日本上代の住宅について
    島田清(兵庫県古文化係主任)赤穂の石造重層塔
    1958年12月7日石田茂作(奈良国立博物館館長)最近に於ける上代寺院阯研究の成果
    島田清(兵庫県古文化係長)吉備文化と播磨
    1959年12月6日藤田亮作(奈良国立文化財研究所所長)考古学より見た朝鮮と西日本-特に古墳時代を中心として-
    島田清(兵庫県文化係長)兵庫県下の指定文化財
    1960年12月4日末永雅雄(関西大学教授)日本の古墳-特に前方後円墳について-
    島田清(兵庫県文化係長)兵庫県指定文化財について
    1961年12月10日酒詰仲男(同志社大学教授)人と環境-先史考古学から見た-
    島田清(兵庫県文化係長)宍粟郡新発見の銅鐸
    1962年12月2日梅原末治(京都大学名誉教授)(未詳)
    島田清(兵庫県文化係長)佐用郡の寺阯
    1963年12月8日網干善教(竜谷大学講師)新沢千塚古墳群の調査
    島田清(兵庫県文化係長)播磨町大中弥生遺跡について
    1964年12月6日村田治郎(京都大学名誉教授)上代における日本と中国の文化交流について
    島田清(兵庫県教育研究所資料室長)赤穂地方における考古学研究史
    1965年12月三本文雄(未詳)
    島田清(未詳)
    1966年12月4日梅原末治(京都大学名誉教授)銅鐸について
    島田清(兵庫県教育研修所資料室長)兵庫県考古学発見史
    1967年12月3日大場磐雄(国学院大学教授)瀬戸内地方における祭祀遺跡
    島田清(兵庫県教育研修所)兵庫県考古学発見史(第二講)
    1968年12月8日中村哲(法政大学総長)古代人の政治と祭祀
    島田清(兵庫県教育研修所)兵庫県考古学発見史(第三講)
    1969年12月7日斎藤忠(東京大学教授)古墳の壁画について
    島田清(兵庫県教育研修所)兵庫県考古学発見史(第四講)
    1970年江坂輝弥(未詳)
    島田清兵庫県考古学発見史(第五講)
    1971年12月5日藤沢一夫(帝塚山大学講師)古代寺院の遺構に見る韓日の関係
    島田清(古文化研究会会長)兵庫県考古学発見史(第六講)
    1972年12月3日網干善教(関西大学助教授)高松塚壁画を発掘して
    島田清(古文化研究会会長)西播古代史に見る朝鮮文化
    1973年12月2日伊達宗泰(奈良県立考古博物館)高松塚周辺の古墳
    島田清(姫路学院女子短期大学)兵庫県考古学発見史(第七講)―佐用郡下本郷銅鐸について―
    1974年12月1日森浩一(同志社大学教授)古墳の研究と天皇陵
    島田清(姫路学院女子短期大学助教授)兵庫県考古学発見史(第八講)
    1975年12月7日梅漢昇(大阪大学教授)日本史研究について思うこと
    島田清(姫路学院女子短期大学助教授)兵庫県考古学発見史(第九講)
    1976年12月松下隆章(京都国立博物館館長)(未詳)
    島田清(未詳)
    1977年5月1日柴田実(京都大学名誉教授)村のくらしとその移りかわり
    1978年4月2日近藤義郎(岡山大学教授)前方後円墳の成立について
    1979年4月1日西谷真治(天理大学教授)石の宝殿と益田岩船
    1980年4月6日坪井清足(奈良国立文化財研究所所長)平城出土の播磨国木簡と平城の発掘
    1981年4月5日間壁忠彦(倉敷考古館館長)播磨竜山石の石棺と古墳時代
    1982年4月4日佐原真(奈良国立文化財研究所)日本食物史
    1983年4月3日近藤義郎(岡山大学教授)土器製塩の話
    1984年4月1日楢崎彰一(名古屋大学教授)古代末・中世の須恵器生産と丹波窯の成立
    1985年4月7日鎌木義昌(岡山理科大学教授)考古学上からみた邪馬台国
    1986年4月6日田中琢(奈良国立文化財研究所埋蔵文化財センター長)三角縁神獣鏡をめぐって
    1987年4月5日田辺昭三(神戸山手大学教授)古代の焼物について
    1988年4月3日喜谷美宣(神戸市立博物館学芸課長)銅鐸にみられる絵画について
    1989年4月9日石野博信(奈良県立柏原考古学研究所副所長)藤ノ木古墳について
    1990年4月1日水野正好(奈良大学教授)古代のまじないについて
    1991年4月14日都出比呂志(大阪大学教授)前方後円墳について
    1992年4月12日小野山 節(京都大学教授)古墳時代の馬具と寺院の荘厳具について
    1993年4月25日村田修三(奈良女子大学教授)中世の城郭について
    1994年4月17日原口正三(甲子園短期大学教授)弥生時代の集落-環濠集落と高地性集落
    1995年4月23日八木哲浩(神戸大学名誉教授)西播磨の歴史を規定した大地の傾動-地質時代から近世まで
    1996年4月7日田淵敏樹(神戸大学副学長・神戸大学研究センター長)日本人の生活と床-その成立と展開-
    1997年5月27日工楽善通(奈良国立文化財研究所埋蔵文化財センター長)稲作の始まりと播磨国
    1998年4月26日長山雅一(流通科学大学情報学部教授)難波宮の調査とその将来
    1999年4月18日檀上重光(神戸市文化財保護審議会会長)西播磨の石造物
    2000年4月9日櫃本誠一(兵庫県立歴史博物館館長補佐)弥生墳墓から前方後円墳へ-播磨地方中心に-
    2001年4月29日今里幾次(日本考古学協会員)蓮華紋帯鴟尾の生産と流通-西播磨特産の鴟尾は語る-(開館50周年記念講演会)
    2002年4月21日堀田浩之(兵庫県立博物館学芸員)中世の城郭に関する二、三の問題点
    2003年4月27日松村恵司(奈良文化財研究所飛鳥藤原宮発掘調査部)飛鳥池工房と富本銭
    2004年諸事情により開催見送り
    2005年4月24日町田章(前・奈良文化財研究所所長)私の考古学40年
    2006年5月14日猪熊兼勝(京都橘大学教授)壁画古墳に関わって三十五年-高松塚とキトラ古墳-
    2007年5月13日河上邦彦(神戸山手大学教授)壁画古墳とその保存問題-高松塚キトラ古墳の考古学的意義と壁画の取出し-
    2008年諸事情により開催見送り
    2009年5月17日和田晴吾(立命館大学教授)古墳の他界観
    2010年諸事情により開催見送り
    2011年11月11日赤穂市立有年考古館としてリニューアルオープン
    2011年11月20日石野博信(兵庫県立考古博物館長) 松岡秀夫先生と有年考古館 
    2011年12月10日水野正好(奈良大学名誉教授) 松岡秀夫先生と播磨の古代史 
    2012年8月5日寺沢 薫
    森岡秀人
    岸本一宏
    (桜井市立纏向学研究センター)
    (日本考古学協会理事)
    (公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター)
    基調講演(寺沢薫)邪馬台国時代の墓・マツリ・社会変化
     シンポジウム「邪馬台国時代の墓・マツリ・社会変化」 
    2012年9月30日佐方直陽(赤穂山鹿素行研究会会長) 佐方渚果という人 
    2013年3月10日水野正好(公益財団法人辰馬考古資料館館長) 上高野鋳型と銅鐸の世界 
    2013年3月24日篠宮 正(公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部副課長) 上高野鋳型からみた弥生時代の播磨 
    2013年7月14日豆田正明外5名(赤穂市長外) フォーラム廣山堯道博士の足跡を語る 
    2013年9月15日石野真菜・吉田ふみゑ(陶芸家・渡辺うめ人形友の会) 記念対談「渡辺うめの魅力―農民人形の世界を語る」 
    2014年7月26日岸本道昭(たつの市教育委員会) 蟻無山古墳群を考える―播磨の中期古墳時代 
    2014年8月9日高橋克壽(花園大学文学部教授) 倭の五王と地域豪族―古墳造営にみる地域支配 
    2016年1月16日岸本一宏(公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター調査課 副課長) 有年の弥生墓と播磨 
    2016年2月6日大久保徹也(徳島文理大学 教授) 弥生墳丘墓の成立・展開と有年の弥生墓 
    2016年2月14日若林邦彦(同志社大学歴史資料館 准教授) 近畿弥生墓制と有年の周溝墓 
    2016年7月23日荒木幸治(赤穂市教育委員会生涯学習課文化財係長) 発掘資料からみた旧赤穂上水道 
    2016年8月7日波多野 篤(高松市創造都市推進局文化財課) 発掘された高松水道―亀井戸跡を中心に― 
    2016年8月20日小野真一(赤穂市教育委員会市史編さん担当課長) 歴史史料からみた旧赤穂上水道 
    2017年9月2日菱田哲郎(京都府立大学文学部 教授) 古墳時代・古代の播磨の窯跡 
    2017年9月16日森内秀造(元兵庫県立考古博物館) 古代・中世の播磨の窯跡 
    2018年8月5日大久保徹也(徳島文理大学 教授) 古墳時代の塩生産とその流通~備讃瀬戸・播磨灘産塩を中心に~ 
    2018年9月1日荒木幸治(赤穂市教育委員会生涯学習課文化財係長) 赤穂の塩業遺産 

    イメージキャラクターの
    うにゅちゃんが説明します!

    学校関係や団体の方はご覧ください!

    ■赤穂市立有年考古館■

    〒678-1181
    赤穂市有年楢原1164番地1
    TEL・FAX:0791-49-3488
    午前10時~午後4時開館
    火曜日及び年末年始休館